あきる野さとやま自然塾

まーく2.jpg



幼児期において、自然体験を通じて自然と人のくらしとのつながりを学び、周囲のさまざまな環境に好奇心を持つことは、小学校の低学年において取り組まれる生活科等の体験学習への円滑な継続につながります。

そして、小学校の高学年になり、身近な環境に自ら関心を持ち、学び、理解を深める場面において、
その体験が総合的に発揮されます。

図.jpgねらい.jpg


seicho.jpg

近な自然との
五感でのふれあい

自然に対する感性、
生命感覚の醸成

身近な環境問題への関心
環境に配慮した生活習慣
の心がけ

自然と親しむ

自然をもっと知る

学ぶ・行動する